クリ調教

キャバクラで働いていたけれど、ある1人のお客さんに猛アピールをされキャバクラをやめて今はその人の愛人になっています。妻子がいるその男性の名前は明さん。そんな人と付き合って何がいいのと聞かれますがもちろんお金。住まいやお小遣いをくれるからそれを理由に付き合っています。

彼と付き合うことによって条件があります。それは彼からの連絡にはすぐ出ること。家には男はもちろんだけど、女友達も連れてきてはいけない。明さんとの約束は絶対守る事。勝手に髪を切っては行けない。服も明さんとの一緒に買いに行った物を切る。携帯チェックされても文句を言わない。などと決まりが色々あります。しかし、こんな決まりに私は一つだけ破ってしまいました。
クリ拷問
それは携帯を置いて出かけてしまった事。そのため明さんの電話には取れず急いで帰宅すると、家に明さんが怒った顔でいました。「私が言いたいことは分かるな。」「はい。ごめんなさい。」「お仕置きをしないとダメだな。」それ言って彼は寝室に行き私も彼の後について行きました。そして、服を脱がされベットで横にさり
手足を固定され、用意されているおもちゃでクリ調教が始まった。「悪い子だな。何度言ってもやるんだから。」「ごめんなさい。」しかし、私の謝罪には耳を貸さず私のアソコにおもちゃを当て私はすぐにイッてしまいましたが、それを何度も繰り返します。クリ調教は辞めません。彼が満足するまで何度も何度もクリ調教遂には気を失ってしまいました。目が覚めた頃には彼はそこには居ませんでした。
クリ吸引
クリトリス攻め