22歳独身男性大学生の熟女出会い日記

僕が「熟女好き」を自覚したのは、高校時代。
数学の授業中、女性教師を「抱きたい」と思い、股間が反応してしまったときからです。
その先生は40代でした。
僕は高校2年で童貞を捨てて以来、3人の女性とエッチしましたが、3人とも同世代。
ですから、性器は満足できても、心は満足できなかったのです。

そんな僕にとって「出会い系サイト」の存在は、前から魅力的でした。
「サイトを利用して、熟女と出会いたい。やりたい」と、ずっと思っていました。
けれど、なかなかその勇気がわきませんでした。
それが、就職の内定をもらったとき、「自分へのごほうびとして、熟女初体験をしてみよう」という気になったのです。
内定を取ってテンションが上がっていたために、そんな気になったのだと思います。

熟女 出会い」と検索をして出てきたサイトのハッピーメールを利用することにしました。
実際に経験はなかったものの、前から情報だけは収集していたので、ハッピーメールのこともよく知っていました
僕には「22歳の学生」という大きな「ウリ」がありますから、熟女と出会うのはむずかしくないだろうと思っていました。
そして実際に、すぐに出会うことができたのです。
その熟女は45歳。
今、NHkの朝ドラに出演中の、女優のキムラ緑子さんに似た感じの、冷たい色気がある女性です。
僕にとってはほとんど理想のタイプ。
最初から、一人暮らしの僕のマンションでエッチしています。

彼女が「ラブホテルは好きになれない」というので、僕の部屋でやることにしたのです。
僕もお金のかかるホテルより、ただでできる自宅の方がうれしいです。
彼女は主婦ですので、平日の昼間にきます。
初めての時は、ほんとうに大興奮しました。
熟女の裸をナマでみるのは初めて。
意外にきれいな形をしたおっぱいを見ただけで、漏れそうになったくらいです。

「アソコはやっぱりゆるくなってるのかな」と思っていましたが、そんなことはありません。
特に締りがいいというわけではありませんが、僕のサイズにジャストフィットする「名器」でした。
エッチは終始、僕がリードします。
僕はそれが長年の夢でした。
熟女を自分のテクで悶えさせたいと、高校の時から夢見ていたのです。
ただ、彼女がほんとうに満足しているかは、ちょっと自身ありません。

けれど口ではいつも「よかったわよ」と言ってくれ、帰る前に夕食用の料理を作ってくれたりもします。
その時は「彼女」ではなく「もう1人のお母さん」と感じてしまいます。
さっきはあんなにエロい女性だったのに。
そのギャップも、僕にはたまらないのです。

34歳独身男性プログラマーの割り切り日記

基本的に性欲のかたまりである俺は、ヤリたくなるたびに出会い系サイトを利用しています。
とはいえ、事後に女の子たちと変に情が絡むのも面倒なので、このところは割り切りで出会いを求めるようにしています。
後腐れなくシンプルな形でセックスがしたいだけの俺としては、割り切りで寄って来てくれる女の子の方が都合がよいわけです。

先日、Jメールで知り合った敦子ともホテル代別のゴムありの割り切りで遊びました。
どうやら向こうも結構セックスに飢えていたらしく、条件が安めで利害が一致。
21歳という敦子の若さにも惹かれ、即座に待ち合わせ場所をセッティングしました。
敦子は今すぐ会いたいようでしたが俺は仕事があるわけでそうもいかず、とりあえず夜まで待ってくれと制して作業に勤しみました。
エッチに対してがっつくところがまた俺好みで、仕事中も妄想が膨らみまくりです。

できるだけ早く仕事を切りあげて、約束時間に遅れないよう待ち合わせ場所のファストフード店に走りました。
敦子は華奢な身体(155センチとのことでした)のカワイイ子で、ショートヘアとメガネが印象的な知的エロ女子といった趣きもあり、会ったその瞬間にムラムラとしてしまいました。
そのまま速攻でホテルへ連れ込み、当然セックスです。
脱がせてみると意外と胸があり、腰のくびれがまた俺をそそりました。
こんなカワイイ女の子と簡単に割り切りでエッチできるわけですから、俺にとって出会い系サイトはもう無くてはならない存在と化しています。